素敵な”森ガール”母子の、結構深刻な事情

近所に、とてもかわいらしい小学校低学年の女の子と、そのママがいます。

オーガニック系のコットンやリネンの服を着ているところをよくみかけます。
淡いベージュやブラウン、ブドウ色などがとてもシックで素敵なので、見かけるとついつい顔がほころんでしまいます。
どうも、それらはお母さんが手作りだったようです。

最近そのお母さんとマンションの管理組合でご一緒するようになり、お話をしたところ、どうも娘ちゃんが小さいころからアトピーなどが酷くて、肌荒れに悩まされてきたのだそうです。
いろいろ試した結果、オーガニックコットンの肌着などがもっとも刺激が少なくて楽だったらしく、それ以来あれこれ手作りも含めてコレクションするようになったのだとか。
幼稚園の体操服などは首回りがすれて赤く腫れてしまったとか、そんなにデリケートだと本当にいろいろと大変だったろうなぁ、と思います。
しかし、そんなお母さんの気遣いにあふれた子供服を着られるなんて、確かにそのアレルギーはお悩みの塊だとは思いますが、娘ちゃんは幸せだと思うのです。
ミキハウス福袋