最近の郊外の住宅団地はもう限界団地1歩手前まで来ています。

私の住宅の団地は、皆一戸建ての住宅の団地です。
皆が郊外に郊外にと家をさがしているときに、ある金融機関系の不動産屋さんが造成した住宅団地です。
そのころからするともう40年~50年経っています。
しかしその不動産業者はいっぺんには売りださなかったのです。
1年に10数棟づつ売りだしていました。
そのため団地全体で見れば、高齢の人も若い人も交じっています。
しかし最近は昼間は静かですね。

ここもやはり少子高齢化になりました。
昔の人はもう後期高齢者が多くなりました。
そのためか昼間はあまり外に出てきまん。
私もよく散歩しますが、道で会う人も少ないですね。
土曜日とか日曜日には車が路上に停まっていることもあります。
やはり私たちの世代は核家族が多いのでしょう。

その後は建売が多くなり。容積率も80%になりました。
それで駐車場も2台が多くなりました。
いまでは娘さんの家族との2世帯住宅も見受けられるようになりました。
その分庭は狭くなりましたね。

昔の人たちはもう車を手放した人も多くなりました。
車がないと買い物も不便ですね。
駅前のスーパーでは、ある一定の年齢の人と、ある一定金額以上買い物をした人には、宅配してくれるのです。
私のところも娘が1週間に1回か、2週間に1回、買いものを一緒に行ってくれます。
これは助かります。
こういうのは土曜日、日曜日にはあっちこっちで見受けられま。
そういうのを見ると子供たちや孫たちが来ているのだと思います。
やはり高齢者を見に来るということはいいことだと思います。
もう旦那さんをなくしたご婦人もいます。
一人ではやはり心配です。
そのときに子供たちが来て、路上に車を置いて行くこともあります。
それも数時間です。他人に迷惑をかけるような停め方をしている人も少ないです。
私はそれらを見るとほほえましいとお思います。

しかしなかには、それを駐車違反で通報する人がいるとか。
こういう人はどういう考えかたなのでしょうか。
確かにいまはスマホの世の中です。すぐに警察へも通報はできます。
警察もその通報を受けると見に来るのでしょう。
それで型どおりに駐車違反。
私はこれはないだろうと思います。
家族がその家の様子を見に来るのは当たり前でしょう。
それでなくても孤独死が多いのです。
私はこのような人に迷惑をかけない駐車違反は、ある程度大目に見てもらいたいと思います。
もう少し暖かい行政をお願いしたいと思います。
外貨両替